ここまでの心理テクニックは実践までの導入部に過ぎません。

今回紹介するここからが更に具体的に相手との距離をしっかりと詰めていくために積極的に多用するテクニックになると思います。

今回お話ししたいのは心理学的に言えば「類似性と共通性」の話です。

こういう単語を使うと小難しく聞こえたりするものですが、ごく簡単に言えばお互いに似ているな、話が合うな、なんてことを感じると心の距離が近くなるというよくあるお話です。

ではこの話を具体的にどうやってキャバクラで使っていけばいいのかということですが、ここでは2つの大きなポイントがあります。

相手の話から趣味や嗜好などを十分に分析していく

一つは聞き上手になること。

聞くというのはただ話を適当に聞くだけではなく、相手の話から趣味や嗜好などを十分に分析していく必要があります。

また、キャバクラで女の子の話を聞く際の相槌なども重要です。

聞き上手になってくると、相手がもっと話したいという気持ちになりますが、それは「知って欲しい、分かって欲しい、教えて欲しい」などの感情が相手に芽生えているからです。

ただ、多くの場合は「理解してもらえる気がする」だとか、「落ち着く、楽しい」という風に意識的には感じているのではないでしょうか。

話が少しそれましたが、聞き上手イコール相手の話、相手のことがよく理解できているということですね。


話の展開を考えながら質問を振っていく

そこでもう一つのポイントになるのが質問力です。

適当に質問していても埒があきません。

相手の聞いて欲しい話、あるいは「こういう相手だからこういう話題が好きだろうな」というように、話の展開を考えながら質問を振っていくことが需要です。

そして、会話するときに常に意識しておきたいのが共感するということ。

俺もそう思う、俺と一緒なんだ、奇遇だね、など色んな言葉を使い分けながら、お互いに似ている所がある、共通する所があると相手に感じさせることが大事です。

例えばキャバクラで働いている女の子は職業柄ストレスも多く抱えているので、仕事を頑張っている姿勢を理解し、大変さに共感してあげると喜びます。

このテクニックは男性が女性によくされているパターンなので、変に転がされないようにするためにも、マスターしておいて損はないでしょう。